ガジェット収納に便利!鞄の中身を整理する。無印良品「ポリエステル吊るせるケース」

ポーチ前面

身の回りを整理すると余裕が生まれる。

人は視覚から90%の情報を得ているそうです。
いらない情報は整理整頓してしまえば必要な情報をサッと取り出すことができます。

今日はそのための「ポーチ」をご紹介。

俯瞰全体

充電器やケーブル類の収納に便利

無印良品の「ポリエステル吊るせるケース着脱ポーチ付」という商品。
本来は旅行時などの洗面用具入れとして販売されていますが、この大きさと機能性にグッときたので見ていきましょう。

入れたシーン

ディティールをチェック

仕様はこんな感じ。

原産国・地域カンボジア
外寸約12×18×4.5cm
洗濯可否
漂白剤可否
原産国・地域カンボジア
重量(梱包材含む)約150g

メッシュ素材の収納箇所が3箇所あるだけのシンプルな構造。
真ん中の大きな収納部分のみマチがあって、ボタンで取り外すことができます。

取り外した部分
ボタン部分
しっかりとまるボタン

全体はベルトでぐるっと巻いてバックルでとめる仕様になっていて、
長さ調節もできます。少しかさばっても大丈夫ですね。

ベルト全体
バックル01
バックル02

そしてこのフックが便利!本来はバスルームのタオル掛けなどに吊るして使うためにあるのですが、
僕はテーブルに引っ掛けたり、カーテンの留め具に掛けたりして重宝しています。

フック
フック使用シーン
フックが便利

適度な厚みが安心感を与えてくれる

生地の厚み

生地はポリエステルで重ねて縫ってあるので、適度に厚みがあります。
これがガジェットを持ち歩く人にとっておすすめできるポイント!

充電器やコード類も電子機器なので、衝撃にはあまり強くありません。
持ち運びを考えるとペラペラなポーチだとちょっと不安があります。

僕は、ANKER「PowerCore Fusion 5000」と付属のケーブル類を収納しています。

鞄の中で迷い子にならない

バッテリー収納シーン

僕が普段使っている鞄は、THE NORTH FACE(ザノースフェイス)の「Big Shot CL」 という32Lの大型バックパックです。

背負い心地もよくて、またレビューしようと思っているのですが、
一つ難点があってポケットが少ないこと。

そんな時に無印良品の「ポリエステル吊るせるケース着脱ポーチ付」に小物を詰めて鞄にサッと入れておけば散らかることはありません。

しかも僕が選んだ「グレー」のカラーは少し明るめなので、
鞄の底にあっても探しやすいんですよね。ブラックだと暗い場所は特に探しにくい時があります。

「ちょうど良さ」が詰まった魅力的なポーチ

メッシュアップ

持ち歩くモノが増えるとその分乱雑になりがちです。
無印良品はシンプルで使う人のアイデア次第で生きてくる商品がたくさんあると思っています。

家でも外でもマルチに使える「ポリエステル吊るせるケース着脱ポーチ付」

あなたは何を収納しますか?

ご購入はこちらからどうぞ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です